TOP > > 省エネnews > 少し珍しい空気調和

少し珍しい空気調和

少し珍しい空気調和

省エネ・熱中症対策・快適空間を  それぞれの生産現場に適した技術をご案内します。

 

『THE FIRST FAN』 大空間で全体的な空気調和が可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 こちらのFanはもともと、仕入れた鋼材が結露により錆びてしまうのを防ぐために開発されました。今まで、鋼材に扇風機をあてたりしていましたが結露を抑えることができず、この『THE FIRST FAN』を開発、設置したところ、見事に結露を抑えることができ鋼材の無駄な処分がなくなりました。大きな羽で大量の空気を撹拌することで湿度を下げる事が可能です。また、特殊な翼の構造が人肌にとって心地よい風を送ります。体感温度はマイナス4℃体感した感想は断続的に“フワッフワ”と肌にあたり、扇風機の様な風があたり続ける不快感は一切なく心地よいものでした

 

=効果=

体感温度 夏季は力強くも心地よい風が体感温度を4℃下げます

 

体感温度と風速の関係

リケン体感温度=室温-4×√(風速)

上式から、風がない場所で1ⅿ/sの風が吹いた場合の体感温度はΔ4℃低下することになります。

 

 

 

空調電力 およそ12%以上節約

湿  度 6%DOWN(湿度が70%を超える時顕著)

=優位性=

□翼径5ⅿで27ⅿ×27ⅿ(729㎡)をカバー

□非常に強力な揚力を直接天井梁に伝え、モーターとギヤの長寿命化を図っています。(特許申請中)

□工場用扇風機(翼径45)50台分の風量、消費電力は3台分

□海外製大型Fanに比べ小型軽量で建物の構造を選びません。

□天井下1ⅿにクレーンが設置されている建物にも設置できます。

□ゆるみが許されない橋梁や鉄道車両、産業機械に使用されているU-NUTハイパーロッドナットを使用。

□中小企業等経営強化法に基づく税制優遇、働き方改革業務改善助成金が申請できます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

『井水ユニットクーラー』 井水があれば従来の空調に比べ90%省エネ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 水を多く使う工場では井水(地下水)を利用しているところが多いと思います。井水は夏でも15~20℃と冷たく、これを熱交換して冷風を吹き出しします。外気温35℃を吸気して22~25℃の冷風へ。コンプレッサーがないのでFanにかかる電力のみ。通常の空調と比べると電気代は90%削減できます。もちろん、熱交換後の水は温度が上昇するのみで水質は変わりません。2次側で今まで通り利用が可能です。

 温度調整、風量調整はできませんので「負荷が高く、とにかくしっかり冷やしたい」という井水をお持ちの工場様にはピッタリな技術です。

 

 

 

 

=除湿もできます=

 

 

 

 

吸込空気 35℃ 相対湿度60% 水分量 23.7㎎/㎥

吹出空気 24.5℃ 相対湿度88% 水分量 19.7㎎/㎥

4㎎/㎥の除湿となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

=こんな副次効果も得られます=

 

15~20℃の井水をユニットクーラーで熱交換すると25℃~28℃へ上昇します。

これをボイラーへ給水することでボイラーの負荷を低減し省エネ効果を得られます

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

『強力スポットエアコン』 大風量で空間をスポット的に冷やす

大規模工場で全体空調が困難な工場で採用されています。

 

こちらは強力Fanによって冷気を遠くまで送り届けます。

大規模工場で全体空調はイニシャル、ランニング共にコストがかかりすきますがこちらは冷やしたい部分へ必要なだけの設計が可能です。

デモンストレーションを行うと、その威力に皆さん驚かれます。御社の生産現場でのデモンストレーションが可能ですので是非お試しください。

 

 

 

 

冷気到達は最大50ⅿ、遠くなれば体感は薄れますが30ⅿ位までは個人差なくしっかり体感頂けます。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

『気化熱利用噴霧ユニット』 噴霧による気化熱でしっかり冷却、粉塵対策にも効果大です。

 

質の良い霧をFanの送風に乗せ空間を気化熱利用で温度を下げます。高品質のノズルが気化するために大きすぎず、小さすぎない霧を作り出します。このため、霧にあたっても濡れることなく不快感はありません。リサイクル工場などの粉塵が多い工場では熱中症対策と粉塵対策を合わせた環境改善が可能となります。弊社導入事例では粉塵が多い工場で有圧扇設置で排気能力を上げ、給気側から噴霧することで暑さと粉塵の問題が解決されました。

こちらも持込みでのデモンストレーションが可能です。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

省エネ×熱中症対策、如何でしたでしょうか?

省エネ性が高いものばかりです。工場の性格により導入すべき技術が異なりますが参考になりましたでしょうか。

実機確認、デモンストレーション調整させて頂きますので遠慮なくお申し付けください

お問い合わせは下記をクリック、お電話でもメールでも受け付けております。

↓   ↓    ↓    ↓

お問い合わせ

最後までお読みいただきありがとうございました。

PAGETOP